全身脱毛に向いてるクリニックを選ぶポイント


全身脱毛ができるクリニックを選ぶ時に比較するポイントは3つ。
料金、サービス、脱毛レーザーの種類です。
当サイトではどのようなクリニックを選ぶのがいいか、詳しくご説明いたします。

月額制を採用しているところを選ぶ

クリニックでも全身脱毛のための月額制を採用しているところがあります。医療レーザー脱毛の場合、安くても30万以上はしますので、分割にすると支払いが非常に大変になります。
全身脱毛のような特に高額な費用になる場合は、月額制のように金利手数料がない方法での分割払いを選択することが最低条件です。ちなみに一括で支払える場合は問題ありません。

サービスが充実しているところを選ぶ

サービスというのは、契約中のサービスのこと。
途中解約は必ず可能なところを選んでください。また、できれば当日キャンセル無料だとありがたいですね。急な生理や体調不良のときにも安心です。また、可能であれば1回分を1日で照射してくれるクリニックなら何度も通わなくてすむので便利です。

ダイオードレーザーを採用している

レーザーの機種は様々ですが、できればダイオードレーザーを採用している方がいいですね。なぜこのダイオードレーザーがいいかというと、痛みが少ないので「痛みが強すぎて続けられない」という心配がなくなります。また、メラニン色素の薄い産毛にもしっかり効くので永久脱毛したい人にも最適です。

 

全身脱毛の料金相場について

医療レーザー脱毛の場合、ほとんどが5〜6回で完了となります。サロンの場合は12回以上通うのが普通ですが、それ以下でいいのがレーザー脱毛のいいところ。また、クリニックの場合は脱毛範囲に応じて料金が異なります。顔とVIOを含むかどうかによって相場が変わりますので確認してください。

・顔無し・VIO無し・・・約32万円
・顔無し・VIO有り・・・約36万円
・顔有り・VIO有り・・・約44万円

昔はレーザー脱毛は100万円近い金額だったのですが、今はサロンと比較しても驚くほど差があるわけではなくなりました。
顔とVIOを追加しても10万円の差はないくらいではありますので、全てレーザー脱毛をしてしまったほうが面倒でなくていいかもしれませんね。

 

「痛み」で選ぶのはかなり重要

 

医療レーザー脱毛といえば、痛みが強いので有名ですね。その痛みというと、痛すぎて続けて通うことができないほどの痛みということ。私も実際に5回中、残り1回を痛すぎて通うことができずにいました。最終的に期限前には行きましたが、やはり我慢しながら続けるのは難しいですね。
最初にレーザー脱毛を選ぶ時にできるだけ痛みが少ないレーザー脱毛に通うことをオススメします。

 

一般的にこのレーザー脱毛は痛みが少ない、と言われるレーザー脱毛なのに、我慢出来ないほど痛い!痛いのが怖い!という人にはこのような方法もあります。

 

クリーム麻酔

塗ることで皮膚の表面の感覚を鈍くさせます。施術後5〜6時間ほどしびれたような感覚が続く場合があります。

笑気麻酔

笑気ガスを吸入することで痛みをとります。吸入をやめるとすぐに醒める麻酔なので安全です。

 

このような方法で痛みを和らげたり痛みの恐怖を取り除いたりすることが可能です。あまりにも辛い場合はこのような方法もあります。また、それ以外にもレーザーの出力を下げてもらったりすることも可能ですが、出力を下げると脱毛効果も弱まってしまうため回数を多く通う必要がでてきます。出力を下げてもらうよりも、麻酔などで対処していく方がいいと思います。

 

クリニックであることの強み


脱毛で気になるのは肌トラブル。サロンでは、提携している医療機関があるところとないところがありますが、クリニックは脱毛サロンそのものがクリニックなので、トラブルには圧倒的に強いです。
肌トラブルは決してあってはいけないことなのですが、万が一ということは常に考えておかなければなりません。
その時、どの程度トラブルに対応できるだけの状況が整っているかということも大切です。
クリニックであれば、赤みが出てしまったときなども軟膏などの薬を出すこともできますし、アレルギーがある方でも医師に相談しながら脱毛することができます。
クリニックで脱毛する最大のメリットは、このような肌トラブルへの対処が素早いので、万が一があっても大丈夫、というところだと思います。

 

人気の全身脱毛 ランキングはこちら>>